【期間限定】あつあつ煮込み肉料理フェア
(2018年11月15日 14:59)
皆さま、こんにちは。
新札幌のランドマークタワー「ホテルエミシア札幌」の公式ブログです。
ホテルエミシア札幌は、道央圏の主要な交通拠点である新札幌に位置し、新千歳空港へもほど近く、
JR・地下鉄・バスすべての交通期間へダイレクトにアクセス。

こちらのブログでは、ホテルエミシア札幌の最新情報をお届けします。

*+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+* *+:。.。 。.。:+*

みなさまこんにちはカフェドムマネージャーの竹内です。例年になく雪を見ることが出来ない日が続いておりますが、刻一刻と冬はやってまいります。
温かいお料理が恋しくなる季節が始まりますね。本日ご紹介しますのは、11月1日(木)よりスタートしています「あつあつ煮込みお肉フェア」です。

[まろやか牛のビーフシチュー(サラダ・パンつき) 2,200円]

0E2A6563.jpg
 
冬の定番となりつつあるビーフシチュー。カフェ・ドムでは、良質の穀物飼料で育てられたオーストラリア牛を使用。ハーブや香味野菜、赤ワインに一晩漬けこんだ牛肉をじっくりと時間をかけて柔らかくなるまで煮込み仕上げています。
赤ワインのコクとフォンドヴォーの旨味をお楽しみください。ジャガイモの貴重種 「インカの目覚め」をトッピングしています。この「インカの目覚め」は栗やサツマイモに似た豊かな甘みを持った、ビーフシチューにぴったりな食材です。
 
[ポークととら豆のやわらかトマト煮込み(サラダ・パンつき) 1,600円]

0E2A6569.jpg
 
トマトの酸味と甘みが活きたこれからの寒い季節にぴったりな料理です。ほどよく脂身ののった豚肩ロースを煮豆の王様北海道産のとら豆とともにゆっくりと時間をかけながら、旨味を凝縮したトマトソースとともに煮込みました。
ここで、このお料理で使われるとら豆の話に注目!
煮物に使われる豆にはインゲン豆の仲間として、金時豆・大福(おおふく)豆・花豆・うずら豆・とら豆など豆には色々な種類があります。煮物にして一番美味しいとされるその最上級の品種こそが「とら豆」なのです。かわいい虎柄の模様のついた美味しい大粒サイズのインゲン豆です。煮豆といえば「虎豆」と言われるぐらい煮豆に適しています。鮮度良好のとら豆はみずみずしくて、ふっくらそしてもっちりと仕上がります。小豆のように豆自体が甘くホクホクした味わいが特徴です。半分が白、半分が茶色のまだら模様が虎の模様に似ていることから名前がつきました。この料理の主役はあくまでポークなのですが、脇役のとら豆にも注目して楽しんでいただきたいと思います。
 
こちらのメニューは年末までの2ヶ月間の提供となりますので、ぜひご賞味ください。
 
 [お料理とご一緒に楽しんでいただきたい ソムリエがおすすめするワイン]
  • ERRAZURIZ ESTATE CARMENERE                                      Bottle\4,000            Glass\800
    エラスリス エステート カルメネール 赤ワイン 辛口 チリ
    創業130年を誇るチリアコンカグアヴァレーの名門ヴィーニャ・エラスリスのワインです。カルメネールの特徴は、まろやかな果実の甘味があり、タンニンがとてもしなやかなこと、全体的にまるみを帯びたワインになりますので煮込んだ肉料理との好相性をもたらします。フレンチとアメリカンオーク樽で8ヶ月熟成
    カルメネールの主要産地は現在チリであり、世界の栽培面積のほとんどを占めています。19世紀にフランスから苗木が持ち込まれたわけですが、長い間メルローと勘違いされて栽培されてきました。1994年にDNA鑑定によりメルローではなかったことが判明しました。現在ではチリの固有品種として世界から注目を集めています。

     
  • De BORTOLI LORIMAR Shiraz Cabernet                                Bottle\3,500            Glass\700
    デ・ボルトリー ロリマー シラーズ カベルネ 赤ワイン 辛口 オーストラリア  
    ワインにスパイシーさと力強さを与えるシラーズ主体で、グラスから立ち昇る力強いフルーツの香りが華やかな赤ワイン。濃く柔らかな果実のニュアンスと程良い酸味、余韻に熟したベリーの風味が豊かに感じられます。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

ウエディングフェアのご予約はこちら>
 
ご宿泊のご予約はこちら>
 
ランチ・ディナーのご予約はこちら>